• タイヤ・ホイールについて詳しくはこちら
  • バッテリーについて詳しくはこちら
  • オイル交換について詳しくはこちら
  • カーナビの取り付けについて詳しくはこちら
  • オートローンについて詳しくはこちら

ロータスクラブ東京のタイヤ・ホイール販売

ロータスクラブ東京のタイヤ・ホイール販売

ロータスでは、ヨコハマタイヤ、ブリジストンをはじめとした各メーカーのタイヤ・ホイールを取り揃えています。各種サイズをご用意しているのはもちろん、スタッドレスタイヤやチェーン、タイヤラック、タイヤカバーなども幅広く取扱中。「どのタイヤがいいか分からない!」とお悩みの際には、お車に乗る頻度やライフスタイル、ご要望などをお聞きしたうえで最適なご提案をいたしますので、お気軽にご相談ください。

タイヤの基礎知識

タイヤのサイズの見方って?

ご来店いただく前にお車のタイヤサイズをご確認いただくと、タイヤ選びがスムーズです。タイヤのサイズは、タイヤ側面に記載されている文字列をメモに取っていただければ分かります。

タイヤのサイズの見方って?

タイヤ幅
(mm)
タイヤの幅を示す数値です。
扁平率(%) タイヤの幅に対する断面高の比率を示す数値です。これが高いほどタイヤが厚くなり、乗り心地が良くなる傾向にあります。
ラジアル タイヤの構造がラジアルタイヤであることを示します。タイヤの土台となるコードがタイヤの横から見るとラジアル(放射状)に配列されているタイヤで、古い形式であるバイアスタイヤよりも耐摩耗性、操縦安定性、高速耐久性、制動力などで優れます。乗り心地はバイアスの方が若干上です。
リム幅
(インチ)
そのタイヤが装着できるホイールのリム径を示す数値です。
タイヤの寿命はどれくらい?

タイヤの寿命はどれくらい?

タイヤの寿命は、一般的に4年ほどと言われています。たとえ走行距離が0kmだったとしても、タイヤから徐々に油が失われ、劣化してヒビ割れていくのです。タイヤの横には製造年週が4桁の数字で書かれており、「3014」なら2014年の30周目と読みます。タイヤの寿命が気になり始めたらチェックしてみましょう。

また、使用頻度が高ければ、それだけ劣化も早まります。特にSTOP&GOが多い都市部のほうがタイヤへの負荷が強いので注意が必要です。タイヤの劣化具合は溝の減り具合などで判断しましょう。

タイヤの劣化の見分け方について

タイヤの選び方の一例

たとえばミニバン・街使いの車の場合、「左右非対称のタイヤ」がおすすめです。左右非対称のタイヤとは、外側を粗めの溝に、内側を細かい溝にしたもののこと。車は右左折の際、タイヤの外側に負担がかかるのですが、ミニバンのように車高の高い車や、街使いのように曲がる機会が多い車は、タイヤの外側への負担がより強くなります。つまり、タイヤの外側ばかりが削れやすくなってしまうのです。

そこで、タイヤの外側を「削れにくい粗めの溝」に、内側を「グリップの強い細かい溝」にした左右非対称のタイヤが開発されました。タイヤをバランス良く使えるうえ、曲がるときに踏ん張りがきくようになるのです。

このように、車種や使用環境などに応じて適切なタイヤは異なります。ほかにも「ゲリラ豪雨対策には溝の太いタイヤ」「コストパフォーマンスを重視するならアジアタイヤ」といったように、タイヤの選び方はさまざまです。ロータスのスタッフにお聞きいただければ、根拠とともにオススメのタイヤをご紹介しますので、お気軽にお問い合わせください。

ロータスクラブ東京のバッテリー販売

ロータスクラブ東京のバッテリー販売

ロータスでは、ジーエス・ユアサをはじめとした各メーカーのバッテリーを取り揃えています。「どのバッテリーがいいか分からない!」とお悩みの際には、お車に乗る頻度やご予算などをお聞きしたうえで最適なご提案をいたします。スタッフまでお気軽にご相談ください。

バッテリーの基礎知識

バッテリーの寿命はどれくらい?

バッテリーの寿命はどれくらい?

およそ2~5年と言われていますが、車の使い方によってバッテリーの持ちは大きく異なります。夜間走行が多い車、近場のお買い物などで使われる「ちょい乗り」が多い車はバッテリーが消費されやすくなります。車を使わなければバッテリーは長持ちすると誤解されがちですが、あまり乗らない車のほうがむしろ消耗しやすいのでお気をつけください。

バッテリー交換の時期の見極め方

バッテリーの交換時期を判断するもっとも分かりやすい方法は、エンジンルーム内にあるバッテリー本体を見て、バッテリー液が減っていないか確認することです。そのほかにも、次のようなサインがある場合はバッテリー切れに注意しましょう。

  • パワーウィンドウの動きが遅い
  • エンジンをかける瞬間のモーターの回転音が鈍くなってきた
  • ヘッドライトが暗い
  • バッテリー本体が膨らんでいる
  • バッテリーの端子付近で粉がふいている
  • バッテリーの天板が湿っている(バッテリー液が漏れている)

上記のような傾向がない場合も、2~3年が経過したバッテリーは一度専門店で点検してもらうと安心です。

バッテリーあがりはなぜ起こる?

バッテリーあがりという現象は、バッテリー内の電気がなくなってしまうことで起こります。車のバッテリーは充電式で、車に搭載されている発電機によってエンジンの回転中は充電されているのですが、エンジンが回転していない(回転数が少ない)状態で電気を使い続けていると「電池切れ」となってしまうのです。

ですから、渋滞時などエンジンをほとんど使わない場合、電気消費量の多い機器の利用には慎重になる必要があるでしょう。

電気消費量TOP5(JAFロードサービス調べ)
1位 エアコン
2位 ブレーキランプ
3位 熱線(リアデフォッガー)
4位 ヘッドライト
5位 ワイパー
バッテリーの劣化を招くおもな原因
過放電 エンジン停止時にライトを消し忘れたり、カーオーディオ、室内灯などを使いすぎた場合
過充電 蓄電量を超えて充電を続けた場合
サルフェーション 極板に硫酸塩の結晶が付着し、通電不能となる現象。過放電が続いた場合や、充電せずに放置した場合に起きる
過酷な環境下での使用 夏場の高温下で連続使用した場合など
車両側発電装置の故障 発電機などの故障で充電できなくなった場合
充電不足

バッテリーは常に電気を少しずつ放出しているため、充電が放出量に追いつかないとバッテリーがあがる

  • 車を長期間放置
  • 週末だけ使う「サンデードライバー」
  • 近場だけに使う「ちょい乗り」

ロータスクラブ東京のエンジンオイル交換

ロータスクラブ東京のエンジンオイル交換

ロータスでは、モービルをはじめとした各メーカーのエンジンオイルを取り揃えています。「どのバッテリーがいいか分からない!」とお悩みの際には、お車に乗る頻度やご予算などをお聞きしたうえで最適なご提案をいたします。スタッフまでお気軽にご相談ください。

エンジンオイルの基礎知識

オイルの交換周期ってどれくらい?

オイル交換の目安は、一般に5,000kmに一回と言われています。ただしオイルの種類や車種によって交換時期が変わるため、3,000km前後走ったあたりで点検を受けるといいでしょう。

エンジンオイルのセルフチェックについて

エンジンオイルってそれぞれどう違うの?

エンジンオイルは、一般的に次の3種類に大別されます。

全合成油 100%化学合成の油です。低温でも高温でもエンジンをしっかり保護し、長持ちします
鉱物油 一般的に安価ですが、性能はやや劣り、劣化も早く起きます
部分合成油 全合成油と鉱物油の特長をあわせ持っています。性能は全合成油に近く、価格は全合成油より安い傾向にあります

また、オイルのパッケージに書かれている「0W-20」のような表示はオイルの「粘度」を表しています。左右の数字はそれぞれ粘度を保てる温度の下限・上限の目安を表現しており、0Wは零下35度、5Wは零下30度、10Wは零下25度まで使用可能。後半の数字は高温時(100度)における粘度を表し、数字が高くなるほどオイルが固くなりやすくなります。

軽自動車やターボ車はオイルが劣化しやすいので注意!

軽自動車やターボ車はオイルが劣化しやすいので注意!

普通車のエンジンオイルは通常で4~5lほどですが、軽自動車は2.5~3lと少なめです。さらに軽自動車は、小さな排気量でエンジンを高回転させいるため、オイルの負担が大きくなり、劣化もしやすくなります。同じくエンジンの負荷が高いターボ車もオイルは早く劣化します。走行距離2,500km?3,000kmほどで交換を推奨しているメーカーもあるため、早めに点検・交換するように心がけましょう。

ロータスクラブ東京のカーナビ販売

ロータスでは、三菱電機とパナソニックのカーナビを販売しています。「機種が多くてどのタイプがいいのか分からない!」とお悩みの際は、ご予算やお求めの機能にあわせて最適なカーナビをご提案させていただきますのでスタッフまでお気軽にご相談ください。

カーナビの基礎知識

どんな種類があるの?

現在は、HDD搭載でAV機能なども充実した「埋め込み一体型」と、コンパクトな「ポータブル型」が主流です。それぞれの特徴をご紹介しましょう。

埋め込み一体型   ポータブル型
車のオーディオ部分に取り付けるタイプで、ナビ本体にCD・DVD・テレビ・HDDなどの機能が内蔵されています。携帯オーディオプレーヤーと連携できるタイプも多い多機能型です。 特徴 ダッシュボードの上に乗せるタイプで、シガーソケットに接続します。取り外し・持ち運びが容易なため、複数台の車で利用できます。
基本的な地図データだけでなく、周辺施設や抜け道など、さまざまな情報が充実しています。検索や音声ガイドの精度も高いのが特徴です。 ナビ性能 基本のナビ性能は充実しており、運転をしっかりガイドできます。その他の機能は必要最低限で、シンプルにナビ機能だけを求める方におすすめです。
自力での取り付けは難しく、業者に依頼する方が大半です。 取り付け
方法
吸盤・両面テープなどでダッシュボードに固定します。自分で設置可能です。
40,000~250,000円 価格 10,000~80,000円
地図更新はどうするの?

最近では、パソコンを使ってWebからSDカードにダウンロードして地図更新を行うのが主流です。メーカーでの地図情報の書き換えや、CD・DVDメディアの追加購入などは必要ありません。

大画面・サブモニター付きなど進化するカーナビ

最新のカーナビでは、埋め込み型でも最大9インチの大画面タイプも登場しています。本体を埋め込んでモニタだけを外部に出し、専用パネルで囲むことで大画面と見た目の自然さを両立させています。運転席・助手席での見やすさや操作性がアップするのはもちろん、後部座席からもテレビやDVDをストレスなく楽しめるというメリットがあります。

なお、後部座席でテレビやDVDを鑑賞する場合は、サブモニターという選択肢もあります。天井やヘッドレストに設置すれば後部座席でもゆったりと楽しむことができ、また運転席・助手席では画面切り替えなどをせずともナビ機能をしっかり利用できます。

ロータスクラブ東京のオートローン

ロータスクラブ東京のオートローン

ロータスでは、ジャックスとオリコのオートローンを取り扱っています。申込みの手間がかからず、審査が早く、支払い方法なども柔軟に設定できる2社を厳選しました。オートローンのお申込についてご不明な点があればお気軽にご相談ください。

ジャックスのオートローン

ジャックスのオートローンは、ディーラー系の自動車ローンには少ない据え置きローンというプランがあります。幅広い利用が可能なのがジャックスのオートローンの特徴です。

据え置きローン

車両価格の一部を据え置くこのタイプであれば、月々の返済額を低く抑えながら車に乗ることができます。2~5年間で最大36回の返済を終えた後、据え置いた価格分は車輌を下取りに出すか、残金を一括返済するか、ローン契約を継続するか、といった選択肢から選ぶことができます。ワンランク上の車種も手軽に購入できるのがメリットです。

簡単・スピーディー

販売店で申込書に記入するだけで手続は完了し、最短で当日中に審査が完了します。手間がかからず、すぐに納車できます。

支払い方法の変更が可能

一部繰り上げ返済や支払い方法の変更など、ライフスタイルにあわせた支払い方法を選ぶことができます。

オリコのオートローン

約30年の歴史を持ち、年間約150万人が利用する業界トップシェアのオリコのオートローン。全国約18万店舗で利用できるうえに、スピーディーに申込み・審査が完了するのが特徴です。

手間がかからない

車の購入と同時にローンの申込みも完了するため、別途店舗に足を運ぶ必要がありません。契約書1枚のみ(※)で申込みが完了し、審査も原則として当日中に出るため大変スピーディーです。役所と銀行窓口を行き来するような手間は一切不要で、スムーズに納車できます。
※別途資料が必要になる場合もあります

全国どこでもサポートを受けられる

全国約18万店の提携店があるため、最寄りの店舗でいつでもサポートが受けられます。平日はもちろん土日も相談できます。

途中で支払いパターンを変更できる

月々の支払額を自由に変えられるプラン「ニューバジェットローン」であれば、予定にあわせて支払いパターンを途中で変更できます。臨時出費やボーナス月などにあわせて柔軟に支払うことができます。

お近くのロータスクラブ加盟店一覧はこちら