点検・整備後もさらに安心なロータス整備保証

点検・整備後もさらに安心なロータス整備保証

ロータスでは、幅広い提供サービスの中心として「自動車整備」に力を入れています。「確かな整備」をモットーに、より安心・安全なサービスをご提供するための独自の整備保証もご用意。ロータス店で実施した点検・整備が原因で不具合が発生した場合は、全国のロータス店において無料で再点検対応いたします。ロータスは全国1,600社以上(東京都内50店以上)のネットワークがありますので、万が一遠方で問題が発生した際も安心です。

走行距離に応じて2種類の整備保証をお付けします

  対象となるお車 保証期間

ロータスゴールド整備保証

ロータスゴールド整備保証
総走行距離が100,000km以下の軽・自家用乗用車で、2年間継続して検査サービスをご利用 点検整備を完了した日から、1年間または20,000kmに達したときのいずれか早い時点まで

ロータスシルバー整備保証

ロータスシルバー整備保証
  • 総走行距離が100,000kmを越えている軽・自家用乗用車
  • 貨物車(4・1ナンバー)
点検整備を完了した日から、6ヶ月または10,000kmに達したときのいずれか早い時点まで
保証条件

【1.整備保証の対象車両】

整備保証の対象自動車は、自家用自動車とします。
ただし、自家用自動車であっても、乗車定員11人以上の自動車、乗車定員10人以下で車両総重量8トン以上の自動車、レンタカーおよび特殊自動車は除外します。また、定期点検整備の実施後、自動車検査証に記載された使用者が変わったもの、または、事業自動車、レンタカーに該当することとなったものも除外します。

【2.整備保証対象範囲】

整備保証の対象範囲は、道路運送車両法第48条に基づく「整備時に同法に基づく自動車点検基準に定められた項目(以下「定期点検項目」という。)」について行った整備作業とします。

また、その定期点検整備時に実施した定期点検項目以外の点検・整備作業についても、定期点検整備記録簿に記録されたものは、整備保証の対象とします。なお、点検項目のうち、点検の結果、ロータス店が整備を必要と認めた項目について、お客さまのご意向で整備をされなかった場合(処置欄に斜線を引いた個所)は、整備保証の対象から除きます。

【3.整備保証の請求手続き】

1. 保証整備をご請求される場合には、保証書をロータス店へご提示ください。
2. 不具合個所の点検、整備作業の内容が記載された書面(定期点検記録簿等)を併せてお持ちください。

【4.整備保証の対象から除外されるもの】

1. 客観性のない現象で、個人の感覚に基づく不具合(音・振動)など
2. 消耗、摩耗、経年劣化などによる不具合
3. 定期点検整備実施後における取扱店以外での自動車の改造及び整備による不具合
4. レース、ラリー、過積載など通常の使用限度を超えて酷使したことによる不具合
5. 自動車が使用できないことによる損失(休業補償、商業損失、レンタカー代など)

【5.その他】

1. 整備保証書に整備保証実施事業者印の無い場合は、無効となります。
2. 保証書は再発行いたしませんので、大切に保管してください。

整備保証書サンプル

ゴールド整備保証書

ゴールド整備保証書

シルバー整備保証書

シルバー整備保証書